2018年1月8日月曜日

「書は心画なり」&ノート学習

「書は心画なり」

という言葉をご存知でしょうか。

中国の思想家:楊雄(紀元前53~西暦18)
が著書「法言」の中で

「書心畫也」
(書は心の画である)

と述べています。

「書は人なり」という言葉があるように
書いた人の心がそのままに表われている
との意味です。

正しく美しい字を書く人は
穏やかで心が美しく、

明るく大胆な字を書く人は
力強く堂々としている。

心配性の人の字は
小さく弱々しく、

考えが浅く慌て者の字は
軽薄で落ち着きがなく、

乱暴な字を書く人は
心が乱暴な人・・・


確かに書いた字からわかること、
相手に伝わってしまうものが
あるのかもしれません。


ところで、松陰塾では学習システムを
使った学習モデルが特徴的ですが、
その下支えとなっているのが、
「ノート学習」です。

生徒が日々書いているノートを
チェックして、

「上手に」「丁寧に」「美しく」

を常に意識するように指導しています。

それは、ノート学習の先にある「教育」
が重要であると考えているからです。

字の一つ一つに勉強への意識が映り、
やがて「心」を作っていきます。

「美しい心」

「正しい心」

「優しい心」

松陰塾では、ノート学習に力を入れて
「心ある」自立学習力を育みます。

お子様の字に乱れがあれば、
早めに松陰塾へご相談ください。

ショウイン教育ポータルサイト
http://www.showin.co.jp

2017年12月31日日曜日

「抱負」と目標達成の障害

早いもので2018年。
毎年、年始に「抱負」を持つ人は
多いのではないでしょうか。

改めて「抱負」の熟語を見てみると、
「負けを抱く」という字の構成で、
決して明るいイメージではありません。

実は、「負」の意味には、
「負ける」という意味だけでなく、
「背負う」という意味があります。

「責任を負う」という時の「負う」と同じく、
「抱負」は 決意を「負う」という意味なのです。

ある「決意」を、
前では「抱いて」、
背中で「負う」。
「抱負」は、それだけの重みがある
言葉なのです。

ところで、皆さんの2018年の抱負は、
どんな内容でしょうか。

せっかくの「抱負」ですから、
その目標は必ず達成したいものですね。

目標達成の障害としては、決まって
次の3点を挙げることができます。

(1)目標は立てたが、何をすれば良いのかわからない

(2)何をすれば良いのかはわかるが、根気が続かない


(3)頑張ったが達成できず、やる気がなくなった


目標達成の障害といっても、
個人の状況に応じて様々です。
これは、勉強面でもそのまま当てはまります。



ショウイン式学習法では、

(1)わかるところから始める

  → スタート地点を明確化

(2)わかるまで先に進ませない

  → 着実な成果達成の道すじ

(3)わかるまでくり返す

  → 成果を確実なものとする(=真の実力)


勉学に関して「抱負」をお持ちなら、
ぜひ、松陰塾にご相談ください。

お子様のモチベーションを高め、
高いレベルで維持させながら、
目標を達成して参ります!(^^)

2017年11月21日火曜日

テスト後の「反省力」が重要!

成績を伸ばしているお子さんは、
「反省力」が高い!

成績が伸びない子は、
自分の反省ではなく、

今回のテストは・・・
「範囲が広くなった」
「内容が難しくなった」
などのように、
自分でどうしようもできない
反省をすることが多いです。

このような反省では、
間違いなく、次のテストも
似たような結果になります。


「提出物を終わらせるのが遅かった」
「ワークを解く回数が少なかった」
「得意な単元で油断があった」

などのように、
生徒自身に原因が向くことが
本当の反省です。
そして、今後伸びる可能性がある
というものです。


ざっくりとした反省の次は、
「分析」が必要です。

「どこが良かったか」
「何が悪かったか」
「どこをどう勉強したのがうまくいったか」
「何に気を付けたのが良かったか」
「何をしておくべきだったか」
「どう注意しておくべきだったか」

学習履歴を確認しながら、
分析できることが重要です。


分析の後、重要なことはまだ続きます。
それは「自分との約束」です。

よく「目標設定」と表現することがありますが、
目標という言葉には、必ず達成すべきなのか、
あくまで目安で頑張りましょうくらいの
意味合いなのかが、はっきりしません。

だから、「目標」とは言わず、
「自分との約束」と考えるのがコツです。

約束は守ることを大前提にします。
誰も破るつもりで約束はしません。
勉強でもまったく同じで、
プライドを持って「自分との約束」と思って、
達成することを前提にします。

テストの度に反省することは面倒臭く、
説教されることもあります。
子どもからすると、「うるさいな~」と
思うことも多いでしょう。

しかし、必ず将来大人になったときに
仕事などで役立つ「成果を上げる手順」を
”今!”学んでいるのです。

成長のためにもしっかり反省し、
冬休み前には次のステージへ向けて
動き出しましょう!

ご家庭で「テストの結果分析」が
難しいということであれば、
お気軽に松陰塾までご相談ください!
早いほど、効果的な対策をご提案できます。

ショウイン教育ポータルサイト
http://www.showin.co.jp

2017年10月23日月曜日

平成29年度「全国学力・学習状況調査」の結果とショウイン式学習法

平成29年度
「全国学力・学習状況調査」
(全国学力テスト)

ですが、

都道府県ごとの平均正答率を見ると、
小学生、中学生ともに上位には
「常連」とも言える、
秋田県、石川県、福井県が
並んでいます。

各上位県では

どのような取組みを行っているのか

を調べてみたところ、
共通する点がありました。


それは、

・全国学力テストの結果を分析する

・独自に行う学力調査の結果も分析する

・分析結果から課題を洗い出す

・課題克服に向けた明確な目標を立てる

・目標を達成するための指導法を
 教育現場に落とし込む

というものでした。

これは、個人単位でみた場合の
成績上位者の取り組み方とも
共通しています。
当たり前といえば当たり前の話です。

しかし、再確認すべきことは
どんな理屈・理論を並べても

「実際にやること、できること」が重要

だということです。

松陰塾では、
「ショウイン学習システム」を使って、

結果分析 → 課題 → 目標 → 達成

のサイクル学習を
毎回の授業で徹底しています。

学力を高めるための勉強法を
試してみたい方は、
お早めに松陰塾へご相談ください。


ショウイン教育ポータルサイト
http://www.showin.co.jp

2017年10月2日月曜日

秋以降の勉強

今年は受験生でなくても、
数年後に受験生(中学・高校)・・・
というご家庭は多いかと思います。

そこで勉強の流れを
知っていただくためにも
秋以降の勉強で抑えておくべきポイントを
紹介しておきます(^^)/


◆夏休み以後のテスト結果

・夏休み明けテスト
・学校での実力テスト
・学校での整理テスト
・県統一模試

夏休み以降、何かしらテストが
実施されていないでしょうか。

自分の志望校や目標に対して、

・どこを改善しなければならないのか
・そのために何をしなければならないのか

など、秋以降は「反省できる力」が
重要になります。


◆夏休み以後のテストの価値

特に夏休み明けに実施されるテストでは、

・夏休み期間中の勉強量
・学習定着度
・学習方法
・勉強習慣・・・など、

総合的な点が問われます。

なので、夏休み以後に受けるテストは、
秋以降の勉強を考える上で、
反省点満載の通過ポイントなのです。

10月以降は、
「○時間勉強したからOK」
「集中できたから満足」
という、自己満足の側面ばかりでなく、

「計画を立てて、
 その通りに進んだかどうか」

「このまま進むと、
 成果はどうなりそうか」

を考える指導も欠かせません。


松陰塾では、ショウイン学習システムを用い、
生徒自身が現在の位置と進む目標を
日々確認できます。
もちろん、学力の伸びも把握できます。

自分自身の目標と現状のギャップを見つめ、
その差を埋めるための計画を立てる。
淡々と進めていくクールな勉強が
秋からは本当に求められます!(^^)

夏休み以降の成績に不安をお持ちであれば
ぜひ、ご相談ください。
お子様に合った個別指導をご提案いたします。

ショウイン教育ポータルサイト
http://www.showin.co.jp

2017年9月8日金曜日

あれだけ嫌いだった勉強が楽しくなる学習法

「勉強するからには、目標が必要!」
という言葉を聞くことはないでしょうか。

しかし、目標をどのように設定するのか、
具体的に語られないことも多いかと思います。

実は、単に大きな目標を設定しても、
モチベーションが下がって
逆効果になることがあります。

初めから大きな目標を立ててしまうと、
「目標に届かない」と悟った時に、
ポッキリと心が折れてしまうことが
あるからです。

だからこそ、目標は
「具体的に手にした時のイメージがわくもの」
にするのがコツです。

そもそもイメージできないような目標は、
現実味がないので、
やる気にもつながりません(^^;

松陰塾では、各教科の学習単元を
クリアしやすい、小さなレベル(階段)に
分けて、学習を進めていきます。

「今どこを進んでいるのか」がわかり、
常に目標をイメージしやすくなっています。

ショウイン学習システムを活用して、
小さな、イメージできる目標を
次々にクリアしていく・・・。

こうなると、子どもは達成感が味わえるので、
あれだけ嫌いだった勉強が楽しくなり、
自然にモチベーションが上がってきます。

ショウイン式学習法ご興味があれば、
ぜひ無料の体験学習をご検討ください。

お子様にぴったりの「目標」を
具体的にお伝えいたします。


ショウイン教育ポータルサイト
http://www.showin.co.jp

2017年8月15日火曜日

手順守らねば上達の道なし

手順守らねば上達の道なし

これは以前に野球評論家が
新聞コラムで語られていた言葉です。

道具の進化やグラウンドの変化が
守備をはじめとして選手に手順無視
の動作をさせている

という文脈で、

基本を嫌になるぐらいみっちり
練習してこそ本物になれる

という点を強調されていました。

基本技術の習得なしでは、
ある時点で行き詰まってしまう・・・。
音楽やスポーツを習ったことのある人には、
想像に難くないでしょう。

勉強でも同じです。
例えば、数学なら守るべき“作法“があり、
この作法を守らないと実力がつきません。

数学だけでなく、
他教科にも共通して
抑えるべき点があります。

・「手順」を大切にすること
・「納得」できるまでねばること

勉強へ向き合う姿勢で
欠かせないポイントです。

創業1980年より続けている
ショウイン式学習法の要点は、

・わかるところから始める
・わかるまで先に進ませない
・わかるまでくり返す

です。

私たちは、
手順を守って上達の道をつくります。

勉強について「手順」が
わからなくなってしまった方は
ぜひお早めにご相談ください。

現状をお聞きし、
適切な「道すじ」を具体的に示します。

ショウイン教育ポータルサイト
http://www.showin.co.jp